「ちゅらさん」総集編がGWに再放送

「ちゅらさん」がゴールデンウイーク中の5月3日から3日連続(総合、午前10時40分~)で再放送されます。

 

放送されたのが2001年ですから21年ぶり。もう20年以上が経ってしまったんですね。

 

沖縄県出身の国仲涼子さんが主演を務めたこのドラマ、八重山諸島小浜島で生まれ育った古波蔵

 

恵里が那覇に移り住み、やがて東京で看護師を目指す物語。

 

私のブログでも時々「ちゅらさん」ネタは取り上げるのですが沢山のアクセスを頂きます。

 

いまだに根強い人気があるのが分かります。

国仲さんが再放送にあたってコメントを寄せており、「このドラマが20年も経っているとは

 

感じられないほど、今でも私にとっては身近な作品。沖縄出身である私にとって、

 

あらためて沖縄の良さを感じそれを観ている人に伝えたい!という思いで演じました。」

 

恵里というキャラクターについては「私から見て恵里は、沖縄の太陽の様な存在。明るく

 

前向きでクヨクヨしない。嫌なことも自然と吹き飛ばせちゃう、周りを元気にしてくれる。

 

私も恵里と個人的にお友達だったらとよく思ってました。」と回顧。

 

思い出に残るシーンは沖縄小浜島のガジュマルの木の下で初恋の相手上村文也(小橋賢児)

 

からプロポーズをされるところで、当時を「プロポーズを受けた後の恵里の気持ちが

 

なかなか私の中で整理が出来ず、すごく時間をかけて撮影したことを覚えています」と

 

振り返っています。

 

視聴者に向けては「ご覧になれば、沖縄の魅力が満載で絶対沖縄に行きたいと思うはず!

 

愛があふれた作品なので何度でも観てほしいと思います。」と語っていました。

 

ドラマの那覇編で18歳だった恵里は40歳を過ぎたころ。

 

今何処にいるんでしょうか、まだ小浜島の診療所に居るんでしょうか、それとも全く違う

 

場所で暮らしているんでしょうかね。

 

 

当時の出演者の方もおばあハナ役の平良とみさん、古波蔵勝子役の田中好子さん、

 

島田大心役の北村和夫さんもお亡くなりになりました。あれから20年ですからね

 

早いもんです。

私もDVDは全巻持っていますので時々、観返すのですが、最初っから見ると大変なんで、

 

ダイジェスト版が無いかなと常々思っておりましたので、これはうれしいですね。

 

さっそく録画したいと思います。

 

どこにも行けないゴールデンウイークの楽しみが出来ました。

 

「ちゅらさん」ファンは見逃すな!

 

次のぺージ


2022.04.26

沖縄小ネタ集

「ちむどんどん」男の子は東京からやってくる。