· 

福岡から沖縄に持って行きたい手土産。北九州編

沖縄旅行のお土産としてこのブログでも色々な商品を紹介してきましたが、逆に沖縄に持って

 

行きたいお土産を今回紹介したいと思います。

 

沖縄に出張に行かれる会社員の方や帰省される沖縄県民の皆様の参考になればと思います。

 

今回は北九州編。

北九州を代表する企業と言えばTOTO。

 

皆さんも一日に一回くらいは腰を降ろしてるんじゃないでしょうか。

 

本社があります北九州市小倉北区にTOTOミュージアムがあります。

 

TOTOの100周年記念事業の一環として設立されました。

 

ウオシュレット(ウオシュレットはTOTOの登録商標)でお馴染みの衛生器具を中心とした展

 

示がされています。

 

ミュージアムショップも併設されておりまして、色々なおみやげ物を買うことが出来ます。

そこで見つけましたのがコレ。

トイレットチョコです。

洋式便器の形をした容器の中にチョコが入ってます。

洒落でございますよ奥様。

受け狙いでお一ついかがでしょうか。

続きましてこちら。北九州市と言えば製鉄所。鉄の街ですね。

 

最近やたら推してるのがこちらのねじチョコ。

 

北九州市のイメージ、鉄をモチーフにした商品です。

世界遺産にもなりましたしね。

こちらがワンセットで袋に入っています。

ちゃんとねじを締めることが出来るという芸の細かさ。

 

北九州空港、小倉駅なんかで売ってます。

私なんかこれ非常に懐かしい商品です。

 

まだ売ってたんだ。

鉄より硬いくろがねの堅パン。

「健康はアゴから」

小っちゃい頃よく食わされてた記憶があります。

 

 

先ずはハンマーで小さなカケラにします。

ホントに硬いです。

 

思いっきりかまないでくださいね。

 

カケラが折れた歯だか、堅パンだか分かりかねる、なんて事になりますから。

 

お茶やミルクなんかと一緒にふやけさせながら食べるのがおすすめです。

最後に北九州市民にはお馴染み。シャボン玉石鹸。

 

天然素材を使った無添加石鹼を作っている会社です。

 

「青いお空が欲しいのね?飛ばしてごらんシャボン玉」というCMソングは北九州市民の脳に

 

刷り込まれております。

 

本社は北九州市若松区。

この会社もコラボしてたんだ。

マスコットキャラクター「シャボンちゃん」   そのまんまやんけ。

 

糸満市内を車で走ってたらシャボン玉石けんのおっきな看板を見かけました。

 

工場でも作ったのかと思ってましたら糸満市の観光文化交流拠点の

 

ネーミングライツを取得し「シャボン玉石けん、くくる糸満」とする契約を結んだそうです。

 

沖縄の皆さんにも少しは知られるかな。

中にはシャボンちゃんと多分石鹸でしょうね。入ってます。

こちらは北九州空港。

 

ねじチョコ、堅パン、シャボン玉チョコはこちらの北九州空港で売ってます。(トイレットチ

 

ョコはTOTOミュージアムにしか有りません)

空港正面玄関。

正面玄関では銀河鉄道999のメーテルさんがお出迎えしてくれます。

 

なんでメーテルさんかと言いますと、作者の松本零士さんが北九州出身。

 

生まれは久留米市ですが小学校から高校まで小倉居住。

 

その他北九州市にゆかりのある漫画家さんは、

 

わたせせいぞうさん、兵庫県生まれ幼少から高校までを北九州市。

 

シテイハンターでお馴染み北条司さんも北九州市八幡区出身

 

もうお亡くなりになりましたが「まんだら屋の良太」の作者畑中純さん。独特のタッチのエロ

 

さが好きでした。

北九州空港の3階デッキには足湯なんてのもあります。

飛行機の発着を眺めながらのんびり足湯につかれたんですが、

現在はコロナ禍のため、休止となっております。

 

以上、沖縄に持って行きたい北九州土産をセレクトしてみました。

 

 

次のページ


2023.01.02

沖縄小ネタ集

オリオン福袋で新年を祝う。